タクミシネマ    レボリューショナリー ロード

レボリューショナリー ロード  サム・メンデス監督

 同じ監督が1999年に撮った「アメリカン ビューティ」は、核家族崩壊後のあらたな旅立ちを描いて、出色の映画だった。
「アメリカン・ビューティ」が描いた時代は、映画が製作されたのと同じ時代に設定されていた。
この映画は、核家族ができつつあった1950年代を、現代から描いている。


IMDBから
 1950年代に舞台設定し、専業主婦の破滅を描いた映画だが、ちょっと時代設定が違うように思う。
1950年代の専業主婦は、自信満々に輝いていたはずで、専業主婦の破滅は1960年代になってからである。
それにしても、なぜ今時こんな映画が撮られたのだろうか。
「クレーマー、クレーマー」から「カジノ」(1995)まで、こうした映画はすでにたくさん撮られている。
どうして? という疑問だけが残った。

 若い時代、2人の男女が出会った。
2人は結婚し、子供をもうけた。それを機会に郊外の美しい住宅に引っ越した。
ここまでは話の導入である。
夫のフランク(レオナルド・ディカプリオ)はノックス社に勤め、郊外電車で職場に通っていた。
エイプリル(ケイト・ウィンスレット)は専業主婦として、子育てなど家事に専念していた。

 若いときのエイプリルは、女優になるための勉強をしていた。
しかし、現在の彼女に職業はなく、手応えのある仕事がなかった。
そのため虚しい日々が過ぎていった。
虚しい家事に専従する日は、彼女の精神を歪ませていった。
市民劇をやってはみたが、惨憺たる結末で、かえって彼女は落ち込んでしまった。
それにたいして、フランクは会社人間へと、順調に育っていた。


 出口のない日々を打破しようと、エイプリルはパリに行こうといいだす。
半年くらいなら、蓄えがあるから暮らせるという。
フランクもそれに同意するが、そんなとき、エイプリルが妊娠する。
そして、フランクに昇進の話が舞い込んでくる。
中絶が非合法だった時代、こうなれば、もう話は見えている。

 男性の生き方は、仕事に邁進し、稼ぎを家に持ち帰ること。
女性の生き方は、家事労働にはげみ、子育てに奉仕すること。
仕事に専念し、大きな稼ぎをもたらす男性は、賛美された。
そして、家庭を守る女性は、手厚く保護された。
やがて性別役割分担が、男女をしっかりと規制してくる。

 男性は仕事の手応えが、おおきな生き甲斐になった。
しかし、女性は家事から、生き甲斐を得られなかった。
この映画でも、エイプリルは手応えを求めて、市民劇を組織するが大失敗である。
若いときには、男女が同じように夢を語ったが、女性には今や家の床磨きだけが仕事だった。

 彼女は手応えを求めて、パリ行きを訴えるが、妊娠と夫の昇進で夢はついえた。
フランクが昇進して出社する朝、彼女は完璧な専業主婦を演じてみせる。
彼を送り出した後、彼女は自分で堕胎を試みる。
しかし、失敗して病院に担ぎ込まれ、出血が止まらずに死んでしまう。

 1950年代のアメリカは、世界中で最も輝いていた。
国中に張り巡らされた高速道路、フルサイズの車、郊外の美しい住宅、清潔な環境などなど、世界中が羨む生活を謳歌していた。
1960年代になっても繁栄は残り、アメリカの飛行場にはクレオソート臭いがただよい、清潔な国に来たと思わせてくれたものだった。

 1950年代には、この映画が描くような状況だった。
1960年代に入ると、女性たちが郊外の家庭から、自立を求めて雄叫びを上げ始めた。
それがウーマンリブだったのであり、「新しい女性の創造」のフェミニズムだったことは、すでに周知であろう。
無給の家事労働は、女性の存在証明にならないことが証明されていく。


 映画は同時代のものである。
たとえ、古い時代に舞台設定されても、主題は現代をめぐるものだ。
昔のエピソードに現代の問題意識を重ねるから、観客は映画を自分のものとして見ることができる。
にもかかわらず、この映画は古い時代を、そのまま描いているだけだ。

 不動産屋の息子ジョン(マイケル・シャノン)が、精神異常ということで、いつもは病院に収容されている。
エキセントリックな彼は、一時退院してフランクの家に遊びに来る。
そして、フランクたちの偽善的な日常を暴露していく。
今ならジョンの発言も納得だが、1950年代に可能だっただろうか。
時代設定といい、主題といい、疑問が残る映画だった。
2008年アメリカ映画 

TAKUMI シネマ>のおすすめ映画
2009年−私の中のあなたフロスト/ニクソン
2008年−ダーク ナイトバンテージ・ポイント
2007年−告発のときそれでもボクはやってない
2006年−家族の誕生V フォー・ヴァンデッタ
2005年−シリアナ
2004年−アイ、 ロボットヴェラ・ドレイクミリオンダラー ベイビィ
2003年−オールド・ボーイ16歳の合衆国
2002年−エデンより彼方にシカゴしあわせな孤独ホワイト オランダーフォーン・ブース
      マイノリティ リポート
2001年−ゴースト ワールド少林サッカー
2000年−アメリカン サイコ鬼が来た!ガールファイトクイルズ
1999年−アメリカン ビューティ暗い日曜日ツインフォールズアイダホファイト クラブ
      マトリックスマルコヴィッチの穴
1998年−イフ オンリーイースト・ウエストザ トゥルーマン ショーハピネス
1997年−オープン ユア アイズグッド ウィル ハンティングクワトロ ディアス
      チェイシング エイミーフェイクヘンリー・フールラリー フリント
1996年−この森で、天使はバスを降りたジャックバードケージもののけ姫
1995年以前−ゲット ショーティシャインセヴントントンの夏休みミュート ウィットネス
      リーヴィング ラスヴェガス

 「タクミ シネマ」のトップに戻る