タクミシネマ        ブルー クラッシュ

ブルー クラッシュ    ジョン・ストックウェル監督

 サーフィンをあつかった「ビッグ ウェンズデー」という映画が、1978年に撮られている。
それから24年たって、同じようにサーフィンを使った映画が撮られた。
この24年間は、女性にとって長い道だったろう。
「ビッグ ウェンズデー」では、サーフボードに乗れなかった女性が、今ではしっかりと乗っている。
しかも、映画の中では、アメラグの男性選手に教えさえする。
時代は確実に変わっている。
ブルークラッシュ [DVD]
公式サイトから

 話は実にたわいない。
サーフィンさえできればいい。
そんな若者3人が、一緒に住みながら、ホテルのメイドをしている。
ぼろい車に乗って、貧乏生活もめげることはない。
天才サーファーのアン(ケイト・ボスワース)は実力がありながら、かつての事故の恐怖から、思い切りの良いライディングができなくなっていた。
しかし、エデン(ミシェル・ロドリゲス)、レナ(サノー・レイク)に励まされて、彼女は世界的なサーフィン大会パイプ・ライン・マスターズへの出場を決意する。


 大会を目の前に控えた大切な時期に、ホテルで知り合ったマット(マシュー・デイヴィス)と恋に落ち、エデンやレナからは大顰蹙をかう。
それでもめげずに大会に出場する。
予選落ちにはなるが、一発決まったライディングに、仲間から大きな祝福を受ける。
この映画は、いわば女性版スポコン物である。
いつも思うが、アメリカの女性たちは大変な旅に出発した。
フェミニズムという怪物が飛翔しているので、女性も男性と体力勝負にでざるをえない。

 フェミニズムの定着したアメリカでは、「ロング キス グッドナイト」「giジェーン」「ガールファイト」などなど、体力でも男性に劣らないことを、証明しようとする映画がつくられている。
この映画でも、アンが躊躇する波の高さは10メートルを超える。
3階の屋上から飛び降りるのだから、大変な度胸がいる。
しかも失敗すれば、後ろからは波が襲ってくる。
波は女性だからと手加減しない。


 男性は女性を差別してきたが、同時に保護もしてきた。
女性には重労働は強いないし、重い物は男性がもつ。
しかし、自然はまったく平等である。女性と男性ではその扱いを変えることはない。
だから、男女の別がなくなると、体力のない者には、非常に厳しいことになる。
映画のなかでも、女性の非力さをつくづく感じたが、そうした劣性を跳ね返して、アメリカの女性は自然に挑戦していく。
困難な道を歩む者に、心から応援を送りたい。

 主人公のアンを演じたケイト・ボスワースは、プロ・サーファーではなく、職業女優である。
彼女は1ヶ月近く、サーフィンやスイミングの訓練を行い、ウェイト・ワークアウトやビーチでのマラソンに励んだ、という。
サーフィンの腕はそれほどでもなかったが、ひきしまった見事な身体になっていた。
この映画では、有名なプロ・サーファーがたくさん出ていたらしく、華麗なサーフ・シーンが描かれていた。

 ところで、アンたちは貧乏で、教養もない。
サーフィンは遊びである。
遊びであるサーフィンに、遊び狂っている。
しかし、時代は変わりうる。
サーフィンで有名になれば、途方もないお金が稼げる。
遊んでばかりいた奴が、ある日大金を稼ぐ。
いままで勉強しろ勉強しろと、大人たちは言ってきたが、下手な大人より彼女たちのほうがはるかに稼ぐ。


 遊びと仕事の区別が、どんどん曖昧になっていく。
仕事は苦しいもの、遊びは楽しいもの、といった分け方は、もはや意味がない。
工場労働が中心だった時代、労働はつらいものだった。
拘束される中での仕事は辛い。
しかし、遊びが仕事に転化する世界は、楽しさが引っ張ってくれる。
いったい学校や親たちは、何と言って教育していくのだろう。

 サーフィンではいつも気になることがある。
なぜ、サーフィンには黒人がいないのだろうか。
スケボーには黒人がたくさんいるが、サーフィンには黒人はいない。
サーフィンがヒッピーという白人文化から生まれたせいだろうか。
なぜかそれが気になる。

2002年アメリカ映画

TAKUMI シネマ>のおすすめ映画
2009年−私の中のあなたフロスト/ニクソン
2008年−ダーク ナイトバンテージ・ポイント
2007年−告発のときそれでもボクはやってない
2006年−家族の誕生V フォー・ヴァンデッタ
2005年−シリアナ
2004年−アイ、 ロボットヴェラ・ドレイクミリオンダラー ベイビィ
2003年−オールド・ボーイ16歳の合衆国
2002年−エデンより彼方にシカゴしあわせな孤独ホワイト オランダーフォーン・ブース
      マイノリティ リポート
2001年−ゴースト ワールド少林サッカー
2000年−アメリカン サイコ鬼が来た!ガールファイトクイルズ
1999年−アメリカン ビューティ暗い日曜日ツインフォールズアイダホファイト クラブ
      マトリックスマルコヴィッチの穴
1998年−イフ オンリーイースト・ウエストザ トゥルーマン ショーハピネス
1997年−オープン ユア アイズグッド ウィル ハンティングクワトロ ディアス
      チェイシング エイミーフェイクヘンリー・フールラリー フリント
1996年−この森で、天使はバスを降りたジャックバードケージもののけ姫
1995年以前−ゲット ショーティシャインセヴントントンの夏休みミュート ウィットネス
      リーヴィング ラスヴェガス

「タクミ シネマ」のトップに戻る