タクミシネマ           マネートレイン

  マネー トレイン    ジョセフ・ルーベン監督   

 「マネー トレイン」という題だから、お金を積んだ列車をめぐっての話でる。
しかし、それが映画に登場するのは、後半になってからである。
前半は、ジョンとチャーリーのかけあいが中心で、なかなか話が進展しない。
「スピード」があたったので、暴走する上での活劇映画が増えた。
ブロウクン アロウ」では、列車での格闘シーンは納得できたが、 この映画では前半の人情ものと地下鉄での活劇が上手くつながらず、良く判らなかった。

 地下鉄の公安官の話である。
黒人のジョンと白人のチャーリーは、兄弟のように育ち、そろって公安官。
おとり捜査をしながら、地下鉄の安全を守っている。
兄役のジョンはまじめ、弟のチャーリーは博打が好きで、ドジばかり。
そこへ、ヒスパニックの美人の公安官が新任してくる。
チャーリーが熱を上げるが、彼女はジョンが好き、ジョンもまんざらではない。
ジョンはチャーリーに譲るが、結局彼女に押されてジョンは陥落してしまう。

マネートレイン [DVD]
 
劇場パンフレットから

 黒人と白人の疑似兄弟愛を描いており、人種を越えた兄弟愛が珍しい。
それに、ヒスパニックの女性がからむという、三人種の登場する映画である。
ジョンもチャーリーも、彼ら二人だけがかけがえのない人間で、他には気心の知れた人間はいない。
どんなにチャーリーがジョンに迷惑を掛けても、

兄弟愛は不滅である。
孤独な現代人をつなぐのは、愛しかないという主張は、今やアメリカ映画の定番である。
しかも、愛を成り立たせるのは、決して血縁関係ではなく、むしろ血縁関係のない人間同士が、作為によって愛し合う関係が主流である。
それだけ、制度や血縁といったものに、信がおけなくなっているのであろう。

 ヒスパニックの女性が、これまた気が強い設定である。
ジョンにボクシングを挑むシーンからは、アメリカの女性は大変だとため息がでる。
ジョンは男性でも偉丈武で、ボクシングも強い。
美人でスタイル抜群の女性が、いかにボクシングが強くても、ジョンにはまったく歯がたたない。
社会的な男女平等を指向するアメリカの女性は、肉体的な強さにおいても、男性と同等になろうとせざるを得ない。
アメリカ女性は、肉体的な非力さを克服せねばならないという、困難な旅路に出発してしまった。
しかし、女性の台頭は、この道をすすまざるを得ず、今後女性は厳しい選択を度々せまられるであろう。

 ヒスパニックの女性は、白人女性の肌理の荒い皮膚と違って、肌が滑らかでとても美しい。
黒人の体が、鋼のような強い美しさだとすれば、ヒスパニックのそれはしなやかな美しさである。
黒人のジョンとヒスパニックの女性とのベットシーンは、黒い肌とクリーム色の滑らかな肌で妖しく美しかった。
黒い男性が上、クリーム色の女性が下という、ベットでの位置関係に違和感はなかったが、あれが反対だったらどうだっただろうか。
黒=強い=男性、滑らかな肌=しなやか=女性という、先入観があるかも知れない。

 元地下鉄公安官が、勝手知ったるマネー トレインを襲うという設定はおもしろい。
この場面をもっと中心にすえて、前半を大幅にカットすれば、もっといい映画になっただろう。
二人の兄弟の設定も、もっと手短にする。
映画としては、ヒスパニックの女性も不要である。
人も死なず、主人公の二人が逮捕されず、悪役の地下鉄の局長が逮捕される結末は、痛快な終わり方だった。
B級映画でありながら、お金がかかった映画である。

1995年のアメリカ映画


TAKUMI シネマ>のおすすめ映画
2009年−私の中のあなたフロスト/ニクソン
2008年−ダーク ナイトバンテージ・ポイント
2007年−告発のときそれでもボクはやってない
2006年−家族の誕生V フォー・ヴァンデッタ
2005年−シリアナ
2004年−アイ、 ロボットヴェラ・ドレイクミリオンダラー ベイビィ
2003年−オールド・ボーイ16歳の合衆国
2002年−エデンより彼方にシカゴしあわせな孤独ホワイト オランダーフォーン・ブース
      マイノリティ リポート
2001年−ゴースト ワールド少林サッカー
2000年−アメリカン サイコ鬼が来た!ガールファイトクイルズ
1999年−アメリカン ビューティ暗い日曜日ツインフォールズアイダホファイト クラブ
      マトリックスマルコヴィッチの穴
1998年−イフ オンリーイースト・ウエストザ トゥルーマン ショーハピネス
1997年−オープン ユア アイズグッド ウィル ハンティングクワトロ ディアス
      チェイシング エイミーフェイクヘンリー・フールラリー フリント
1996年−この森で、天使はバスを降りたジャックバードケージもののけ姫
1995年以前−ゲット ショーティシャインセヴントントンの夏休みミュート ウィットネス
      リーヴィング ラスヴェガス

 「タクミ シネマ」のトップに戻る